検査は全て女性スタッフが対応
WEB予約
*外来は予約なしでも受診いただけますが、予約優先となります。ご予約の際はWEBまたはお電話にて承ります*
よくあるご質問

乳がん検診で精密検査を受けるようお知らせがきました。
どうしたらいいでしょうか?

当院で精密検査を行っておりますのでまずはご相談ください。
お電話にてご予約の上、以下の持ち物をお持ちになってご来院ください。

  • ・健康保険証(各種医療証)
  • ・検診結果

検査(MRI・マンモグラフィ・超音波)を受けるタイミングは生理中や生理前は避けたほうがいいですか?

月経前は女性ホルモンの影響で乳腺への血流が増し乳腺組織も増殖傾向にあるので、全体に乳腺が腫れているように感じられます。生理後の方が乳房の張りが減り、MRI・マンモグラフィ・超音波などの画像もよりきれいに撮れますので生理後のほうがおすすめです。

2年前にのう胞があると診断されました。今後の検診ではマンモグラフィと超音波のどちらを受けた方が良いのでしょうか?

のう胞とは乳腺症の一種で、中に液が溜まって袋状になり大きくなったもので、良性の腫瘤です。
しこりの形や境目部分の性状などで、良性か悪性かの判断をするのですが、超音波のほうがマンモグラフィよりのう胞自体の変化はとらえやすいと考えられます。
のう胞であるという確定診断がついていない場合など悪性の心配があるならば、今後の検診はマンモグラフィと超音波の併用をおすすめします。

しこりがあり、その後マンモグラフィ・超音波を受けました。
それだけで、良性か悪性かわかるのでしょうか?

マンモグラフィ検査では、触診でわからない程度の小さなしこりや石灰化の有無・質を確認できるので良性か悪性かの区別がある程度できると考えられています。
しかし、マンモグラフィと超音波だけでは良性か悪性かを判断することはできませんので、最終的な判断(確定診断)は組織を採取した病理診断で行います。

マンモグラフィ検査の結果、異常があった場合、その後どのような検査をするのか不安です。いきなり細胞をとったりするのでしょうか?

マンモグラフィ検査での異常には、腫瘤像や石灰化像などがあります。
これらの異常が発見された場合、まず超音波を行います(必要なときにはMRIも追加されます)。
超音波でも異常が発見された場合には、穿刺吸引細胞診(FNA)・針生検(CNB)・吸引組織生検(VAB)といった腫瘤に針を刺して細胞や組織を採取する検査を行います。
穿刺吸引細胞診(FNA)では細い針が使用されますので局所麻酔は不要ですが、その他は局所麻酔をしてから行います。
いずれにしても、検査前にしっかり説明させていただきご納得された上で検査を受けていただきますのでご安心ください。

乳がんの検診は、マンモグラフィか超音波のどちらかが義務化されているという話を聞きました。触診だけでは駄目なのでしょうか?

日本乳癌学会の診療ガイドラインによると、「視触診による乳癌検診は死亡率を減少させるか?」という質問に対し、「視触診による乳癌検診の死亡率減少効果を示す根拠は不十分であるが、無症状の受診者においては死亡率を減少させる可能性がある」とされ推奨グレードはCとなっています。
つまり、視触診単独の検診ではある特殊な集団を除くと死亡率を改善する効果がなく、厚生労働省の通達により2004年度以降は40歳以上に対しマンモグラフィ併用による検診が推奨されるようになりました。
また、同ガイドラインでは「40歳代に対してマンモグラフィによる乳癌検診は死亡率を減少させるか」との問いに対し「推奨グレードB:40歳代に対してマンモグラフィによる乳癌検診は死亡率を減少させる」としています。
超音波検診に対しては十分な根拠がないため、いわゆる検診としては確立しておりませんが、自治体によっては特に40歳以下に導入しているところもあります。

  • 参考)
  • 推奨グレードA:十分なエビデンス(科学的証拠)があり、推奨内容を日常診療で実践するように強く推奨する。
  • 推奨グレードB:エビデンスがあり、推奨内容を日常診療で実践するよう推奨する。
  • 推奨グレードC:エビデンスは十分とはいえないので、日常診療で実践することは推奨しない。
  • 推奨グレードD:患者に害悪が及ぶ可能性があると言うエビデンスがあるので日常診療で実践しないよう推奨する。

検査費用について教えてください。

当クリニックでは、MRI、マンモグラフィ、超音波での検査を行っております。
費用の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
乳がんドック
なお、症状のある方や検診で指摘された方などは保険診療になりますので外来にてご来院ください。

セカンドオピニオンは受け付けていますか?

はい、セカンドオピニオン外来を行っております。
セカンドオピニオン

もし乳がんと確定した場合、このクリニックで手術は可能ですか?

当クリニックに手術設備はないため、提携施設をご紹介いたします。詳細はこちらをご覧ください。
提携医療機関

治療方針のアドバイスはしてもらえますか?

画像診断と病理診断により、どのようなタイプのがんなのか、どのような治療法が最も適しているかが分かります。
それらのことをしっかり説明させていただき、必要であれば紹介状を作成させていただきます。

手術後のフォローアップ(定期検診)はしていますか?

はい、術後のフォローアップも行っております。詳細はご相談ください。

豊胸手術を受けたのですが、乳がん検診を受けることは可能ですか?

はい、豊胸手術を行った方でも乳がん検診を受けていただくことは可能です。お一人お一人にあった検診方法を
ご提案させていただきますのでご相談ください。
豊胸術後の乳がん検診
スタッフ募集 医療関係の皆様へ
  • 住所

    〒108-0074
    東京都港区高輪3-11-5-1F

  • 【TEL】03-5475-8600
診療時間表
▲:日曜は第2・第4のみ診療(9:00~13:00)
  日曜のみ完全予約制となります
休診日:水曜、第1・第3・第5日曜、祝日
最終受付は診療終了の30分前となっております
乳がんドック・脳ドックのWeb予約はこちら
乳がんドック・脳ドックのWeb予約はこちら
人間ドック・健診 インターネット予約はこちら
PAGE TOP
Copyright (C) 品川ブレストクリニック. All Right Reserved.