検査は全て女性スタッフが対応
WEB予約
精密検査・組織生検

症状について

このような症状がある方はご相談ください

乳腺に関するさまざまな症状に対して診察、診断を行っております。
少しでも気になることがございましたらご相談ください。

  • ・しこり
  • ・ひきつれ
  • ・乳首からの分泌がある
  • ・乳首にびらんやただれがある
  • ・乳房全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍ができて治らない
  • ・わきの下にしこり(硬いリンパ節)がある

精密検査について

診察・検査の結果もしくは乳がん検診でさらに詳しい検査が必要と判断された場合は、精密検査を行います。
検査枠に空きがある場合は当日に検査を受けていただくことも可能です。
確定診断までスピーディーに対応させていただきます。

精密検査の流れ

検査の内容や順番は患者様の状態や当日の状況により異なりますのでご留意ください。
当日または後日
マンモグラフィ・超音波・MRI
MRIは造影剤を使用しますので、事前に血液検査が必要になります。
当日または後日
針生検
病変に応じて、マンモグラフィ・超音波・MRIいずれかの画像を見ながら針を刺して組織を採取します。
針生検後後日
病理診断
採取した組織が良性か悪性かを判断します。
精密検査後2週間以内
診断結果のご案内(確定診断)
病理診断の結果を医師より説明させていただきます。

針生検

画像だけでは明らかな良性所見を示す病変以外の正確な診断は困難です。
乳がんかどうかを正確に診断するために行われるのが、針生検による病理診断です。
当院では、マンモグラフィ・超音波・MRIすべての機器での針生検が可能です。

病理診断

マンモグラフィ・超音波・MRIなどの画像による乳房検査を行って病変が見つかった場合、画像のみで良性のものか悪性のものか判断するには限界があります。このような場合は、病変に針を刺して組織の一部を切り取ることが望まれます。これを組織生検と言います。さらに、切り取った組織を顕微鏡で検査することで、良性か悪性か正確に診断することを病理診断と言います。

乳房検査にはマンモグラフィ・超音波・MRIがありますが、マンモグラフィで見つかった病変はマンモグラフィを使いながら目的の病変を目指して針を進めていきます。超音波は超音波を使いながら、MRIはMRIを使いながらそれぞれ針を進めていきます。

当院はマンモグラフィ・超音波・MRIすべての機器での組織生検が可能な数少ない施設の1つです。

マンモグラフィガイド下生検

マンモグラフィは「石灰化」というものを発見することに優れています。石灰化は健常な方でも見られることがありますが、中には良性腫瘍や乳がんが原因となって生じる石灰化もあります。早期乳がんを発見する唯一のサインとなっている場合もありますので、その診断にはマンモグラフィを使いながらの生検が必要となります。

超音波ガイド下生検



超音波はマンモグラフィと比べて乳腺腫瘍などの検出率が高い検査です。乳腺腫瘍とは、一般的には「しこり」と呼ばれるもので、良性のものと悪性のものがあります。特に若年の日本人女性に多いと言われているデンスブレスト(高濃度乳腺)でも乳腺腫瘍がはっきり見える有効な検査です。主に乳腺腫瘍に対して組織生検を行う場合は、超音波を用いて行います。

MRIガイド下生検

MRIはほかの検査と比べて最も感度の高い(がん検出率が高い)検査になります。中にはマンモグラフィや超音波では発見されず、MRIでしか発見できない病変も存在します(MR検出病変)。MR検出病変の約1/3が悪性と言われていますが、その正確な診断にはMRIを使いながらの生検を行う必要があります。

全国的にも実施可能な施設は少ないのが現状ですが、当院ではMRIガイド下生検の豊富な経験を持つ院長が施術いたします。

  • ※当院でのMRIガイド下生検は自費診療となります。
  • ※詳しくは直接お問い合わせください。
スタッフ募集 医療関係の皆様へ
  • 住所

    〒108-0074
    東京都港区高輪3-11-5-1F

  • 【TEL】03-5475-8600
診療時間表
▲:日曜は第2・第4のみ診療 (9:00~13:00)
  日曜のみ完全予約制となります
休診日:水曜、第1・第3・第5日曜、祝日
最終受付は診療終了の30分前となっております
乳がんドック・脳ドックのWeb予約はこちら
乳がんドック・脳ドックのWeb予約はこちら
人間ドック・健診 インターネット予約はこちら
PAGE TOP
Copyright (C) 品川ブレストクリニック. All Right Reserved.