検査は全て女性スタッフが対応
WEB予約
乳腺外科・精密検査

乳腺外科

このような症状がある方はご相談ください

乳腺に関するさまざまな症状に対して診察、診断を行っております。
少しでも気になることがございましたらご相談ください。

  • ・しこり
  • ・ひきつれ
  • ・乳首からの分泌がある
  • ・乳首にびらんやただれがある
  • ・乳房全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍ができて治らない
  • ・わきの下にしこり(硬いリンパ節)がある

精密検査について

診察・検査の結果もしくは乳がん検診でさらに詳しい検査が必要と判断された場合は、精密検査を行います。
検査枠に空きがある場合は当日に検査を受けていただくことも可能です。
確定診断までスピーディーに対応させていただきます。

精密検査の流れ

検査の内容や順番は患者様の状態や当日の状況により異なりますのでご留意ください。
当日または後日
マンモグラフィ・超音波・MRI
MRIは造影剤を使用しますので、事前に血液検査が必要になります。
当日または後日
針生検
病変に応じて、マンモグラフィ・超音波・MRIいずれかの画像を見ながら針を刺して組織を採取します。
針生検後後日
病理診断
採取した組織が良性か悪性かを判断します。
精密検査後2週間以内
診断結果のご案内(確定診断)
病理診断の結果を医師より説明させていただきます。

針生検

画像だけでは明らかな良性所見を示す病変以外の正確な診断は困難です。
乳がんかどうかを正確に診断するために行われるのが、針生検による病理診断です。
当院では、マンモグラフィ・超音波・MRIすべての機器での針生検が可能です。

マンモグラフィガイド下生検

マンモグラフィで見つかる「石灰化」は、早期乳がんの唯一のサインとなっている場合があります。
その診断のためには、マンモグラフィガイド下生検が必要となります。

超音波ガイド下生検

超音波で見つかる腫瘤(しこり)などに対して正確な診断をつける場合は、超音波ガイド下生検が必要となります。

MRIガイド下生検

マンモグラフィや超音波では発見されず、MRIのみでしか発見できないがんの存在が報告されています。その正確な診断のためにはMRIガイド下生検が必要となります。

MRIでしか発見できないがんは早期であることが多いためMRIガイド下生検は大変有用な検査ですが、全国的にも実施可能な施設は少ないのが現状です。当院では、MRIガイド下生検の豊富な経験を持つ院長が施術いたします。

  • ※MRIガイド下生検は保険適用外ですので自費診療となります。

針生検で使用する針と取れる組織量

生検の針には3種類の大きさがあり、病変の性質や大きさによって使用する針を決めます。針生検で使用する針と取れる組織量
スタッフ募集 医療関係の皆様へ