検査は全て女性スタッフが対応
WEB予約

予約なしでも受診できますが、予約優先となります

予約なしでも受診できますが、予約優先となります

精密検査

精密検査について

診察・検査の結果もしくは乳がん検診でさらに詳しい検査が必要と判断された場合は、精密検査を行います。
検査枠に空きがある場合は当日に検査を受けていただくことも可能です。
確定診断までスピーディーに対応させていただきます。

当院でできる検査

当院では一般的なマンモグラフィ・超音波のほかに、MRIによる精密検査を行うことが可能です。
最新の医療機器

しかし、画像だけでは明らかな良性所見を示す病変以外の正確な診断は困難です。
乳がんかどうかを正確に診断するために行われるのが、細胞・組織を採取して調べる病理診断です。
当院では亀田総合病院と医療連携を図ることで、乳腺専門の病理医による病理診断を提供しております。

病理診断

マンモグラフィ・超音波・MRIなどの画像による乳房検査を行って病変が見つかった場合、画像のみで良性のものか悪性のものか判断するには限界があります。このような場合は、病変に針を刺して組織の一部を切り取ることが望まれます。これを組織生検と言います。さらに、切り取った組織を顕微鏡で検査することで、良性か悪性か正確に診断することを病理診断と言います。

乳房検査にはマンモグラフィ・超音波・MRIがありますが、マンモグラフィで見つかった病変はマンモグラフィを使いながら目的の病変を目指して針を進めていきます。超音波は超音波を使いながら、MRIはMRIを使いながらそれぞれ針を進めていきます。

当院はマンモグラフィ・超音波・MRIすべての機器での組織生検が可能な施設です。

マンモグラフィガイド下生検

マンモグラフィは「石灰化」というものを発見することに優れています。石灰化は健常な方でも見られることがありますが、中には良性腫瘍や乳がんが原因となって生じる石灰化もあります。早期乳がんを発見する唯一のサインとなっている場合もありますので、その診断にはマンモグラフィを使いながらの組織生検が必要となります。

超音波ガイド下生検



超音波はマンモグラフィと比べて乳腺腫瘍などの検出率が高い検査です。乳腺腫瘍とは、一般的には「しこり」と呼ばれるもので、良性のものと悪性のものがあります。特に若年の日本人女性に多いと言われているデンスブレスト(高濃度乳腺)でも乳腺腫瘍がはっきり見える有効な検査です。主に乳腺腫瘍に対して組織生検を行う場合は、超音波を用いて行います。

MRIガイド下生検

MRIはほかの検査と比べて最も感度の高い(がん検出率が高い)検査になります。中にはマンモグラフィや超音波では発見されず、MRIでしか発見できない病変も存在します(MR検出病変)。MR検出病変の約1/3が悪性と言われていますが、その正確な診断にはMRIを使いながらの組織生検を行う必要があります。

  • ※当院は2020年1月より日本乳癌学会関連施設として認定されました。
    これに伴い、MRIガイド下乳房生検が保険診療で行えるようになります。
スタッフ募集 医療関係の皆様へ
  • 住所

    〒108-0074
    東京都港区高輪3-11-5-1F

  • アクセス

    ■電車でお越しの方
    都営浅草線『高輪台』駅 A1出口より徒歩1分
    JR『五反田』駅より徒歩12分
    JR『品川』駅より徒歩13分

    ■バスでお越しの方
    都営バス『高輪台駅前』バス停目の前

    ■車でお越しの方
    当院専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

  • 【TEL】03-5475-8600
診療時間表
▲:休日診療 10:00~14:00(完全予約制となります)
休診日:水曜日・日曜日・祝日
初診の最終受付は診療終了の1時間前となっております
LINE公式アカウント
乳がんドック・脳ドックのWeb予約はこちら
乳がんドック・脳ドックのWeb予約はこちら
PAGE TOP
Copyright (C) 品川ブレストクリニック. All Right Reserved.